渡辺一樹さんと滑るエンジョイキャンプ@ウィスラー最終滑走日

2022年3月22日
天候:くもり
気温:山頂 -4℃
   中間  1℃
ヴィレッジ  7℃

最終滑走日!のその前に、一樹さんを囲んでみなさんで食事会。
ウィスラーヴィレッジインにご宿泊の場合、カードキーの入っている封筒の提示でKEGステーキハウスでの10%割引特典が受けられます。
夏のニュージーランドスキーツアーはもちろん、最後は車の話など、スキー以外の話題でも盛り上がり、中には18oz(約510g)のプライムリブを召し上がった方もいたそうですよ。

IMG_7624

今日は雪の予報で、標高1500m以下では雨も心配されていた天気予報でしたが、最後までお天気がもち、またわずかな時間では
ありましたが晴れ間も見えました。実際にみなさんが滑走を終えて、ホテルに戻ると同時に雨が降り出しました。

IMG_7632

アルパインエリアが開くまではジャージークリームリフトに乗る予定でいましたが、思いの外、滑りやすい雪質だったので、
朝一に3本連続で滑り、その後セブンスヘブンへ移動しました。

IMG_7637

私たち以外、誰もいないジャージークリーム。

IMG_7645

セブンスヘブンでは雪がちらついていましたが、視界は悪くなかったので写真撮影とビデオ撮影を行いましたよ。

IMG_7647

ご夫婦での滑走シーンを写真に撮ってもらうべく、気持ちをひとつに、ペースを合わせていらっしゃいます。
今回お二人は4/26に先に到着されて、合計8日間ブラッコム山で滑走されています。

IMG_7655

そして、もうこの時にはすでに前日のPCR検査の結果が出ていました。
結果は 「ネガティブ・・・」
常にポジティブでいたいと思う今日この頃ですが、PCR検査に関しては「ポジティブ」が出てしまうと予定した飛行機には搭乗できないことを
意味しますので、ほっと安心しました。

無事に陰性証明書も手に入れ、ケガもなくウィスラーならではのロングランで最終滑走をお楽しみいただけたと思っています。
来シーズンもウィスラーでお会いしましょう。

カテゴリー: ウィスラー | コメントをどうぞ

渡辺一樹さんと滑るエンジョイキャンプ@ウィスラー4日目

2022年5月3日
天候:曇り、雪
気温:山頂 -2℃
   中間  1℃
 ヴィレッジ 7℃

朝7:50にホテルロビーに集合して、全員でPCR検査会場へ
最初のお客様の予約が8:00からでしたが、今日はナース2名体制だったので8:15には9名全員終了しました。
検査が終わって笑顔の一樹さん、検査結果は明日の16:00までに判明しますよ。

IMG_7585

4/19からは10:00~16:00までブラッコム山のみの営業のため、9:45に再集合しました。

IMG_7595

早速ワンポイントアドバイス

IMG_7591

一樹さんがカメラを構え、その下ではフェロースタッフがビデオ撮影しています。

IMG_7612

エッジの立て方の再確認、スピードに応じた足首と股関節の使い方、春のザクザク雪の攻略法など、アドバイスを交えた滑走4日目。
いよいよ明日は最終滑走日。

IMG_7622  IMG_7623

雪が降っています⛄
ちなみに明日も雪の予報です。

IMG_7619

カテゴリー: ウィスラー | コメントをどうぞ

渡辺一樹さんと滑るエンジョイキャンプ@ウィスラー3日目

2022年5月2日
天候:曇り、雪、のち晴れ
気候:山頂 -2℃
    中間  3℃
ヴィレッジ  10℃

今日でスキー滑走は折り返し。
午前中はガスがかかり、視界不良のところもありましたが、午後には青空も見えました。
昨日は予期せぬハプニングでランデブーレストランがクローズしていたので、外でのピクニックランチでしたが今日はオープン。
ビデオで撮った映像を見ながらランチ休憩時にワンポイントアドバイス!

IMG_7547

ここ2年、ラウンドハウス、グレーシャークリークロッジ、ランデブーのウィスラーブラッコムの3大レストランは、ワクチンパスポートが必要で、
座席はすべて予約制でしたが、それらはこの4月に解除されました。
今年のゴールデンウィークに営業しているのは、ランデブーのみとなります。

IMG_7549

天候が回復し、午後の部スタート。この後、コブにもチャレンジ。
春のウィスラーはコブの練習にも最適ですよ。
この時は、一樹さんのヴィンディングの解放値で盛り上がっていたようです。

IMG_7563

ここでもワンポイント!

IMG_7574

スダーン・エクストリームレースの会場となるコースが、サーっと雲が抜けて綺麗に見えていたので1枚。
このコースの入り口はスキーガイド中にご案内することもしばしば。ここでプロポーズをする人がいるとかいないとか。

IMG_1017

明日は日本帰国の際に必要なPCR検査の日です。
今はなんと、ウィスラーヴィレッジ内にも日本政府指定の書類での陰性証明書を発行している出張クリニックがあるんです。
そのためPCR検査のために、わざわざバンクーバーまで行く必要がなくなりました。
しかも朝7:00~毎日受け付けているので、滑走前にPCR検査を済ませることが可能です。(事前予約要)

カテゴリー: ウィスラー | コメントをどうぞ

渡辺一樹さんと滑るエンジョイキャンプ@ウィスラー2日目

2022年5月1日
天候:曇り
気温:山頂 -7℃
    中間 -1℃
 ヴィレッジ 7℃

ホテル出発時は青空で汗をかいてしまう陽気でしたが、ゴンドラとリフトを乗り継ぎアルパインエリアへ行くと薄いグローブでは
手が冷たくなりました。
そして1枚目の写真ですが、みなさんお気づきですか?
セブンスヘブンエリア人気のクラウド9のコース、後方に写る柵が雪に埋もれて、柵ではなくなってしまっていることに!
今年4月の積雪量の合計は1.87m、4/4には一晩で57㎝の新雪が積もりました。(観測地は標高1650m)

IMG_7517

今日1番のコースはセブンスヘブンリフトから反対側の斜面におりるブルーライン。雪が良くて、本当に5月?と思わせるほどでした。

IMG_7518

後方に見えるのは美しい氷河湖のひとつ、グリーンレイク(大) ヌーディストビーチで有名なロストレイク(小)5/13にオープン予定のニクラウスノースゴルフ場です。

IMG_7524

IMG_7530

14:00を過ぎて、長めのコースをたっぷり堪能する一樹さんチームと、長めのコースをゆっくり滑るフェロースタッフチームに分かれましたが、
スプリングボードで偶然の再会!

IMG_7534

レインボーマウンテンとウィスラーヴィレッジをバックに1枚。
この後一樹さんチームはブラッコムゴンドラ中間駅から乗車してさらに滑走、フェロースタッフチームはエクスカリバーゴンドラで下山しました。
スキーアウトに関しては、辛うじてヴィレッジまで下りられる状態です。初日の昨日はほとんどの方がヴィレッジまで滑って下山しましたが、
もう滑らないほうがいいねと、今日はみなさんご納得の様子でした。

カテゴリー: ウィスラー | コメントをどうぞ

帰ってきたエンジョイキャンプ@ウィスラー初日

2022年04月30日
天候:晴れ曇り
気温:山頂 -4℃
    中間  0℃
 ヴィレッジ 6℃

アフターコロナでの旅行業界初、記念すべき添乗員付き募集型旅行第1号が始まりました!
エンジョイキャンプといえば、もちろん講師は渡辺一樹プロ!

IMG_1002

今回7名のみなさんがウィスラーに帰ってきてくださいましたよ。おかえりなさーい。
ブラッコム山も現地スタッフも変わらず、抗原検査をしてみなさんのお越しを首を長くしてお待ちしておりました。

後ろに見えているウィスラー山は例年通り4/18をもって冬の営業が終了し、5/13のバイクパークオープンに向けて準備が始まっています。
いつもと違う点といえば、エクスカリバーゴンドラが毎日運行していることでしょうか。
この時期のウィスラーを知っている方なら、誰もが驚かれることと思います。
そうです。平日でもアッパーヴィレッジまでバスまたは、徒歩で行かずともブラッコム山に行くことができるんです!

IMG_7495

さぁ、さっそくワンポイントアドバイス開始。

IMG_7498

今年は雪が多いシーズンだったので、アルパインエリアの雪質は上々。例年のゴールデンウィークより冷えています。
渡辺プロ、およびフェロースタッフによるビデオ撮影を行いながら、楽しく初日滑走を終えることができました。

IMG_7507

ちなみに今回みなさんキッチン付きのお部屋ですが、レストランで食事される方もいらっしゃいます。
ヴィレッジのショップやスーパーはスタッフ不足のため営業時間が短くなっているところもありますが、レストランはほぼ通常営業しています。
オイスターバーなど、現状ではまだ始まっていないディールもありますが、最近は日常が戻っていると感じることが多い日々です。

現在カナダでは屋内でのマスク着用義務がありませんので、ご自身で基本的な感染対策をされながら滞在を楽しんでいらっしゃいます。
(空港、飛行機、電車、バス内はマスク着用義務継続中)

カテゴリー: ウィスラー | コメントをどうぞ

今シーズン最後のファーストトラック。

3月17日(火)、レイクルイーズ。

今日も晴天のレイクルイーズへファーストトラックに
行きました。早朝の誰もいないコースをインストラクターと
快適に大回りをしカナダならではの雄大な滑りを満喫できました。
コロナウィールスのためにクローズのスキー場が多い中、レイクルイーズはまだ
オープンしていますが、人が多く集まらないようにロッジの中には椅子が置かれずに
ポーチにテーブルと椅子が並べられています。このような状態でしたがツアー最終日の
今日も良いスキーができました。

P1140131
ポーチに置かれたテーブルでまずは一枚。

P1140134
ロッジの中はこのようにガランドーでした。

P1140137
今日のインストラクターべティーと一緒に。

P1140139
朝焼けに輝くロッキーと一緒に。

P1140140
トップオブザワールドのリフト降り場では、太陽がさんさんと照り付けていました。

P1140142
ファーストトラック後に行ったバックボールは青空がきれいでした。

今日のお二人の滑りです。
P1140158
P1140178

P1140182
ゴンドラ降り場にあったベンチで絶景を楽しんでいらっしゃいます。

宮野摩美。

カテゴリー: カナディアンロッキー | コメントをどうぞ

晴天続き。

3月16日(月)、サンシャインビレッジ。

ツアー2日目の今日は、昨日に引き続きまたも晴天のサンシャイン
へ行きました。今日は朝から午後まで雲一つないすごい晴天で午後には
気温も上がり春らしいスキーをすることができました。ほとんどのコース
が貸し切り状態で、雪質もよく最高のスキー日和となりました。
幸せな一日でした。

P1140060
駐車場の端に鎮座する熊と一緒に。

P1140062
ビレッジまで行くゴンドラの中で。

P1140063
ワワのティンカンアレーでの青空をバックに。

P1140065
ゴーツアイのトップで後ろは絶景のロッキーです。

P1140067
エンジェルリフト降り場ではっきりと見えたアッシニボインと。

P1140108
ルックアウトの山頂からは、モナークマウンテンを中心に。

P1140114
素晴らしい絶景の中を滑られるお二人です。

P1140129
最後はおなじみステインディッシュの州境のケルンの前で。

宮野摩美。

カテゴリー: カナディアンロッキー | コメントをどうぞ

ゆっくりツアースタート。

3月15日(日)、レイクルイーズ。

今日から、お二人様でゆっくりツアーが始まりました。
朝は大変冷え込みましたが、昼近くからは気温が上がり真っ青な
空に囲まれたレイクルイーズに行きました。日曜日ではありましたが
コロナウィールスの影響かそんなにも混んでおらず、時には、貸し切りの
コースもあり、良い雪質と絶景に恵まれ最高の初日となりました。

P1130993
今日の滑り出しの前にまずはレイクルイーズを背景に。

P1130995
あまりの絶景に何回も写真撮影をされていました。

P1140009
絶景の中を滑られる素敵なお二人です。

P1140038

トップオブザワールドの降り場でマウントリチャードソンをバックに。

P1140057
ラーチエリアで大斜面を滑る前に。

P1140058
ラスト一本を滑る前にゴンドラとルイーズ湖をバックに一枚。

宮野摩美。

カテゴリー: カナディアンロッキー | コメントをどうぞ

3/7発 カナディアンロッキースキーサファリ滑走6日目

スキーサファリ最終日はサンシャインへ行ってきました。
気温が下がりまとまった雪が降るという予報の中、温度計を確認しながらの滑走となりました。

316FC450-D396-49F4-91AA-7B32A3165153
山頂から滑って、一旦休憩。
寒さ対策に冷たい風から顔を守るBuffの使い方です。Buffとゴーグルは重ならないように気を付けてください。
通常ならゴーグル内が曇るくらいですみますが、気温が低い日は即ゴーグルのレンズが凍りつき、視界を奪います。

CCC34E76-CFB8-4CC5-81E1-9D51EFBCBA3F
寒い日は手袋外さなくても撮ることができる、サンシャインセルフィーを有効活用

B28CBAE7-3AE2-46BA-A823-641282C366E2

9378A79C-0822-4FB9-8F2C-35B7D8F1A152

F7D440C0-F16A-41A2-8155-EEBAB515FF59

458AD35E-22C8-42F3-8A5D-619A43BE1089
雪質最高!でも寒さには勝てず、早めにスキーを終えてミニミニ観光へ

B4E40D01-3C4E-4103-9884-03943165C416
ニュージーランドからご参加のお二人は、寒さに負けない熱さです❤️

カテゴリー: カナディアンロッキー | コメントをどうぞ

3/7発 カナディアンロッキースキーサファリ 滑走5日目 キッキングホース

皆さま、こんにちは!
いつもご覧いただきありがとうございます。

今日はバンフから西へ専用車で1時間45分の「キッキングホーススキー場」へ行ってきました。
到着時の気温はマイナス12度と冷え込んでいましたが、うっすらと新雪が積もった斜面はベストコンディション!
IMG_2218

平日のキッキングホースは人が少ない!整地コースを飛ばしたり、ちょっとオフピステで遊んでみたり、ツリーランに挑戦してみたり、自由気ままに思いのままに楽しんでいただきました。
IMG_2223

IMG_2225

IMG_2227

Stair way to Heavenという階段を上ってオフピステエリアを目指す人たち。ボウルの向こう側の急斜面にはすでにたくさんのフレッシュなラインが描かれていました。
IMG_2219

IMG_2250

ランチは山頂のEagle’s eyeレストランにて。
IMG_2241

サーモンバーガーを注文してみました。サーモンが肉厚で美味しい!
IMG_2238

ランチ中に雪が降り、ラッキーなことに新たな新雪を午後から味わうことができました。
IMG_2246

IMG_2260

ベストコンディションのキッキングホースで大満喫の一日でした。
IMG_2237

IMG_2248

杉村

カテゴリー: カナディアンロッキー | コメントをどうぞ